中高生のための小論文教室

☎️電話で小論文コーチング! 1対1の完全個別指導

簡単!30分無料小論文スタート講座

150分の指導で小論文が書けるようになる!

小論文が書けないのは、作法を教わっていないから!
学校でならった作文の書き方は、「思ったことを書きなさい」「3段論法で書きなさい」「お手本をみて、書きなさい」「起承転結で書きなさい」といったもの。それでは、小論文は書けません。

作法その1 まず、論理を知る。

小論文は、まがりなりにも、論文。論文は、字のごとく「論理」にもとづく文章。 では、「論理」とは?「中学生のための論文教室」では、トゥールミンロジックを使います。

作法その2 書く目的をはっきりさせる
誰のために、何のために書くのかは重要。かならず意識してからスタート。 

作法その3 書き出す前にセルフディベートをする。
トゥールミンロジックを使ったセルフディベートを、出題にあわせてまずやります。

作法その5 説明文の表記法に従って、書く
セルフディベートをした結果、勝ったロジックで文章を書きます。小説・随筆・詩とは異なる、説明文の表記法に従って、字数内におさめます。

作法その6 自分より抽象度の高いディベーターや指導者に必ず読んでもらい、添削してもらう

以上の作法を、4テーマ分やれば、小論文は書けるようになります!

申し込み

中高学生のための小論文教室の特徴

1対1

文章を書けるようになるのは、音楽を習うのと似ています。それは、一人一人の生徒さんが異なるから。そして、できあがった文章も一人一人異なるから。基本的に、1対1のレッスンでしか上達しません。

書く→添削

文章が書けない最大の理由は、書かないから。いかにやり方を学んでも、実際に書かなければ上達しません。そして、添削が不可欠。1対1なら、確実なのです。

電話だから無駄なし

書いた文章はメールかファクスでコーチへ。コーチとは電話で指導。時間と場所を選ばないので、全国どこからでも、部活で忙しくても、他塾に行きながらでも、無理なくやれる。

一流の指導者

「中学生のための小論文教室」の指導者は、編集者、ジャーナリスト、研究者などを経験した文章を書くプロ。日々忙しいプロに指導してもらえるのは電話だから。

一流のコーチ

書く、という行為に必要なのは、指導者の伸ばすスキル。そのスキルとは、コーチングの技術。「中学生のための小論文教室」の指導者は、すべて、コーチングの資格をもった、プロのコーチ。

トライアル制度

小論文指導において、コーチとの相性は、とても大切。それは、音楽やスポーツといっしょ。30分のトライアルを受けて、「このコーチでやっていきたい」と確信してから申し込みができます。

小論文コーチ

舟生 貴士
FUNYU TAKASHI

舟生貴士プロフィール
茨城大学大学院 人文科学研究科 言語文化専攻 修了
20年間以上、塾講師・専門学校講師・家庭教師などで、英語・現代文・小論文を中心に指導。 『論理的思考』の大切さを伝えながら学習指導に積極的に取り入れ、9割以上の生徒を志望校合格へ導く。 20年間で、500人以上の生徒を直接指導。

現在、講師業のほか、苫米地式コーチング認定コーチとして活動中。

モットーは、『学習は、本来楽しいもの』。

ブログ「学ぶことは楽しい!

申し込み

林 敬人
HAYASHI KJIN

林 敬人  プロフィール
上智大学文学部新聞学科卒。
卒業後、出版社ぎょうせいで月刊誌の編集、ベネッセコーポレーションで通信教育教材「エンカレッジ小論文」の大学入試小論文添削教材の編集、その後、大手進学塾で文系教科の講師。
のべ1万枚の学生の小論文をチェック。

現在、「10歳からの論理塾寺子屋テン」の講師。苫米地式コーチング認定コーチ

10代前半で論理的思考と表現力を身につける

21世紀は、情報化の時代。何をし、どう生きるのかは、一人一人の自己意識つまり論理的思考にかかっています。 何をするにも、論理的思考と書く技術は必須。19歳までに、ぜひ、この技術をみにつけてもらいたい!そのひとりひとりの思考がアクティブな社会つながるのです。

ブログ「書くことは考えること

申し込み

萩原 崇
HAGIWARA TAKASHI

萩原崇 プロフィール
東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用生命工学専攻 修了。
在学中に個別指導塾の講師として、中学生高校生に理系科目を中心に指導。生徒の特性に合わせた学習方法を指導して担当した生徒は500人以上。
卒業後、ITベンチャー企業で財務・経理を経て東証マザーズ上場を経験し、上場企業の経営管理本部長として従事。

現在、経済産業省後援「ドリームゲート」のアドバイザー及び苫米地式コーチング認定コーチ/コーポレートコーチ

周りの意見に振り回されずに、自分で良し悪しを判断できる。そういった力を養っていくことが、本当の将来の夢を叶える近道だと思っています。
小論文を通して身につく「論理的思考」は、英語(英会話)以上に一生モノのずっと使える能力です。今、ここで身につけてしまいましょう。

ブログ「小論文コーチ 萩原崇

申し込み

料金 PRICE

           基礎講座 150分 40,000円 (通常、30分✖️5回で終了します。)

           追加講座   90分 24,000円 (一回あたりの時間は実力にあわせて)

           ※時間は、各回、時間を計測し、その都度メールにて残り時間をお伝えします。

                        

受講者の声   

K.Sくん(慶応大学商学部合格)

私は英語が得意だったので、英語・社会・小論文で受験できる慶応大学の商学部を受験しました。地方に住んでいたため、小論文の指導を受けられる塾が見つからなかったのですが、1年間お世話になり、見事現役合格しました。小論文の書く力は、大学入学後も、ゼミ試験でも役立ち、希望のゼミに入ることができました。一生もののスキルです。ありがとうございました。

T.Sくん(都立西高校合格)

私は、模試の偏差値が志望校に達していなかったのですが、内申書はいい方だったので、推薦受験をしました。対策は、お正月明けから2週間利用させてもらいました。短期間ではありましたが、集中して丁寧な指導をしていただき、おかげさまで合格しました。一般受験では厳しい成績だったので、指導を受けられて本当にラッキーでした。感謝でいっぱいです。

Q&A

Q
基礎講座の論文テーマはどんなものですか?
A
公立高校推薦入試問題にとりあげられるテーマ「環境問題」「将来の夢」「国際化」「情報化社会」についてとりあげます。高校生にも応用可能な問題をとりあげています。
Q
どのような流れでテレフォンレッスンを受けるのですか?
A
まず、最初にとりあげられたテーマについて、小論文を書き、希望する電話レッスンの日時を記入して、ファクスかメールで小論文をコーチに送ってもらいます。コーチは小論文を受けとった後、添削し、それを返送します。その際、電話レッスンの時間を記入します。その指定した時間に、コーチから生徒さんにお電話します。指導後、指導開始と終了の時間、そして指導内容を明記したメールを父兄のメールアドレスにお送りします。
Q
基礎講座の5回は、必ず行われるのですか?
A
はい。ただし、各回、テーマや進捗状況により、時間はばらつきがあります。無駄に長い時間をかけないためです。追加講座は、さらにテーマをこなし、より実力をつけたい方むけです。実力により、一回あたりの時間は異なりますが、計5回150分で基本的な論文を書くブリーフシステム(思考法)と実際に5本の小論文を書いてもらいます
Q
基礎講座の論文テーマはどんなものですか?
A
公立高校推薦入試問題にとりあげられるテーマ「環境問題」「将来の夢」「国際化」「情報化社会」についてとりあげます。高校生にも応用可能な問題をとりあげています。

お申し込み・お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

プライバシーポリシー

○個人情報保護方針

当サイトの運営に際し、お客様のプライバシーを尊重し個人情報に対して十分な配慮を行うとともに、大切に保護し、適正な管理を行うことに努めております。

【個人情報の利用目的】
a) お客様のご要望に合わせたサービスをご提供するための各種ご連絡。
b) お問い合わせいただいたご質問への回答のご連絡。

・取得した個人情報は、ご本人の同意なしに目的以外では利用しません。
・情報が漏洩しないよう対策を講じ、従業員だけでなく委託業者も監督します。
・ご本人の同意を得ずに第三者に情報を提供しません。
・ご本人からの求めに応じ情報を開示します。
・公開された個人情報が事実と異なる場合、訂正や削除に応じます。
・個人情報の取り扱いに関する苦情に対し、適切・迅速に対処します。

株式会社敬人
東京都港区南青山2-2-8
電話 080-7894-9741